終身雇用希望者必見!長く1つの企業で働けるかを見極める際のポイントを紹介

>

最初に終身雇用制度について確認

自分磨きをするなら

終身雇用の企業で採用となっても、業績悪化や企業合併や買収などの理由で雇用継続できないケースが起こり得ます。会社で実績を残したり、自分磨きをしたりするのが生き残れる近道ではないでしょうか。

例えば、難しい仕事や誰もやりたがらない仕事に積極的に挑戦する人は好まれやすい傾向。単に挑戦するのではなく、自分のキャリア最大限活かせると尚良し。たとえ思うような結果が得られなかっても、今後の仕事をするうえで大きな財産となるでしょう。

人とのコミュニケーションを図るために、提供できる趣味や話題を持つのも大事。特に魅力ある内容であれば、相手を惹きつけやすくなります。取引先や同僚と良好なコミュニケーションをとれる人は、企業も簡単には手放さないのではないでしょうか。そのうえで、相手の話を上手に聴くのも忘れずに。

その企業が求めていることを確認

企業の立場からは、日頃から誠実な仕事をしたり協調性があったりする社員は好まれます。そのうえで、自分のセールスポイントと上手にマッチングできれば、長く雇用できる可能性が更に増します。

終身雇用の企業といえども、就職したら1人の新入社員です。職場での仕事や取引先企業との交渉において、単に言われた通りに仕事を行って結果を出すのは大事。そのうえで、理論や知識を活かして積極的な行動をとれる人は好まれやすくなるはず。時には上司や同僚に自分なりの考えを伝えるのもアリ。その際は、相手の都合や立場も考慮できると尚良し。

結果が出ない時はあるかもしれませんが、培った知識や経験は大きな財産になります。問題解決能力が身につくと同様のケースに陥った時に応用が利くので、企業から頼れる社員と評価されるのではないでしょうか。


Share